パワポ2016の簡単な袋文字の作成方法

スポンサーリンク

パワーポイントの2016で簡単に袋文字(ふち取り文字)を作成する方法です。
袋文字は文章の見出しやパンフやチラシにメリハリをつけたいとき、背景がごちゃごちゃしている時などに非常に役立ちます。

簡単な袋文字の作成方法その1

1.テキストを入力

まずは、袋文字にしたい文章を図形のテキストボックスでベタ打ちします。

説明画像

2.袋文字のスタイルの選択

(1)タブメニューの書式を選択し、次に(2)クイックスタイルを選択して、お好みの袋文字を選びます。

説明画像

3.袋文字の設定準備

ひとまず袋文字が完成しますが、色と袋枠の太さを調整します。文字を選択した状態で右クリックするとメニューが表示されますので、「図形の書式設定」を選択して下さい。

説明画像

4.袋文字の設定

書式設定の画面が表示されたら(1)文字のオプションをクリックします。次に(2)文字の輪郭をクリックして詳細を表示させます。
主に色と幅の設定でお好みの袋文字に仕上げて下さい。また、使用する文字のサイズによっても見栄えが変わりますので、その辺は目視しながら調整してください。

説明画像

5.注意点

袋枠が太いと文字の印象も強くなりますが、このやり方ですとあまり太い枠をつけると文字がつぶれますのでご注意ください。
利用する文字のサイズにもよりますが、1ptくらいが最適ではないでしょうか。

説明画像

簡単な袋文字の作成方法その2

1.テキストを入力

まずは、袋文字にしたい文章を図形のテキストボックスでベタ打ちします。

説明画像

2.袋文字の書式設定

文字を選択した状態で右クリックするとメニューが表示されますので、「図形の書式設定」を選択して下さい。

説明画像

3.袋内の文字の色づけ

(1)文字のオプションをクリックします。次に文字の塗りつぶしのメニューを開いて、とりあえず(2)色を白に設定します。

説明画像

4.袋文字の設定準備

文字のオプションの(1)文字の効果のアイコンをクリックし、(2)光彩のメニューを開きます。

説明画像

5.袋文字の設定

色=袋枠の色、サイズ=袋枠の太さとご理解して調整してください。その1と違い文字の外側に装飾が付きますので多少太くしても文字がつぶれることはありません。

説明画像

サンプル

以下のページにサンプルがありますので、ご活用ください。
シンプルな袋文字サンプル(パワーポイント)

スポンサーリンク

※当サイトのパワポデータは、office365 soloのpowerpoint2016で制作しています。
Microsoft Store (マイクロソフトストア)


関連ページ

当コンテンツに関連するフリー素材

関連する素材です。※関連するタグがない場合は表示されません。

スポンサーリンク

新着