パワーポイントでオレンジやレモンの輪切りのイラストの描き方

パワポ制作テクニック

スポンサーリンク

パワーポイントでオレンジやレモンの輪切りなど柑橘系果物の輪切りのイラストの描き方の紹介です。
柑橘系の果物を半分に切ると、とてもジューシーで新鮮なイメージになりますね。

イラストとしても、図形や背景イメージなどにも使えそうです。

オレンジやレモンの輪切りのイラストの描き方の手順

1.星形を描きます

オブジェクトの基本図形から星形を選択し任意の場所に描画します。星の数がそのまま実の数になります。ここでは10角の星を選択します。
星の描画の説明画像

2.星を鋭角にする

描画した星を鋭角にします。(1)下図のようにポイントをクリックしながらマウスを下に移動させると鋭角になります。
下図と同じくらいの鋭角にしてください。
星を鋭角にする説明画像

3.円を描画して中央揃え

作成した星の図形よりひと回りくらい小さい正円を描画し、中央揃えします。
星と円を中央揃えにする説明画像

4.円と星の重なった部分の切り出し

二つの図形を選択した状態で、円の重なった部分の切り出します。
切り出しの説明画像

※切り出しを使うには設定が必要です。こちらのパワポ図形の型抜き合成、重なり抽出、接合、単純型抜き、切り出しの使い方(パワーポイント機能)をご参照ください。

5.切り出した図形からいらないパーツを削除

円から外側にはみ出ている星の角の部分をすべて削除します。
図形からいらない部分を削除する説明画像

6.外側に円を2つ描画

作成した図形の外側に中央揃えになるように、下図のように円を2つ描きます。作成した円は、最背面になるようにしてください。

2つの円図形を作成する説明画像

※最背面は、図形を選択した状態で右クリックをしてメニューを表示させ、最背面へ移動を選択します。
図形を最背面にする説明画像

6.任意に着色して完成

オレンジやレモンの輪切りの外形ができたので後はイメージする果物の輪切りに合わせて任意に着色して完成です。
オレンジやレモンの輪切りのイラスト画像

塗りにはパターンなどを使うとつぶつぶ感を出すことができます。
パターンの着色サンプル画像

以上です。

スポンサーリンク