袋文字のつくり方(パワポ2010)

袋文字は、アイキャッチとしても結構目立つのでとても良いものです。パワーポイント2010では、ワードアートスタイルが充実しているのですが、ちょっと私の思っている袋文字とは違うのでご紹介させていただきます。

ワードアートによる袋文字の作り方

1.文字の入力

任意の文字を打ち込みます。

パワポ画面

2.ワードアートスタイルの選択

タブの描画→書式から下記画面の○の部分を選択します。

パワポ画面

スタイルが表示されますので、任意に選択します。下記の○部分が袋文字っぽい感じですね。

パワポ画面

3.完成

完成です。

パワポ画面

しかし、これでは小さい文字や袋を大きくしたい場合には、あまりうまくいかないのがウィークポイントです。

パワポ画面

オリジナルの袋文字の作り方

1.文字の入力

文字を入力して、同じものを2つコピーします。※下記の背景は、文字の位置がわかりやすいようするために配置しています。

パワポ画面

2.文字スタイルの編集その1

下図のように、2つめの文字を選択した状態で、描画ツール→書式から、下図の○の部分を選択して「文字効果の設定」ウィンドウを開きます。

パワポ画面

パワポ画面

3.文字スタイルの編集その1 -文字の塗りつぶし-

文字の塗りつぶしの項目を選択し、下図のように設定します。色は袋の部分になりますので「白」にします。

パワポ画面

4.文字スタイルの編集その1 -文字の輪郭-

3.の項目と同じように、袋の部分になりますので「白」にします。

パワポ画面

4.文字スタイルの編集その1 -輪郭のスタイル-

輪郭のスタイルは、そのまま袋の大きさになります。練習なのでまずは、5ptとしてください。

パワポ画面

同じように設定していれば、下図のようになります。次に3つめの文字を選択状態としてください。

パワポ画面

5.文字スタイルの編集その2 -文字の輪郭-

文字の輪郭は、「黒」としてください。この色が袋の外側の部分の色となります。

パワポ画面

6.文字スタイルの編集その2 -輪郭のスタイル-

輪郭のスタイルは、袋の外側のラインの太さになります。2つ目の文字で設定した5ptより大きくなければなりません。練習なのでまずは、10ptとしてください。

パワポ画面

同じように設定していれば、下図のようになります。

パワポ画面

7.結合

パーツが完成したので、あとは結合するだけです。3つの文字を選択して下図のように「配置」タブから「配置」を選択すると、サブメニューが表示されますので、「上下中央揃え」「左右中央揃え」を各1回ずつ行います。

パワポ画面

パワポ画面

8.完成

完成です。

パワポ画面

※注意

うまく重ならない場合は、3つの文字の上下位置が反対になっている可能性があります。各文字上で右クリックすれば、サブメニューが表示されますので、「最前面、最背面へ移動」で調整してください。「文字(最全面)」「袋部分(真ん中)」「袋の外側部分(最背面)」となります。

パワポ画面

文字カラーや、グラデーション、線の太さを調整すればさまざまな袋文字を作ることができます。ぜひチャレンジしてみてください。

広告

関連ページ