パワーポイントで透明感のある水滴、雫の描き方

2020年11月3日パワポ制作テクニック

スポンサーリンク

パワーポイントで透明感のある水滴、雫の簡単な描き方の紹介です。
水滴、雫は水のイメージ以外にもエコロジー、自然、節約などのイメージにもつながると思います。

パワーポイントで透明感のある水滴、雫の描く手順

1.雫、水滴のイメージにいて

水滴の写真画像

写真のとおり、およそ以下の三点を表現できれば、雫、水滴のように見せることができます。

  • 透明感
  • フチの方が黒っぽい
  • 光沢

2.雫になる円を描画する

透明をつかいますので、あらかじめ色のついた背景を用意して下さい。
(1)基本図形から楕円を選択し、(2)Shiftキーを押しながら正円を描画します。

雫用の円の描画説明画像

3.塗りのグラデーションを選択

描画した円を選択し、右クリックでメニューから図の書式設定を選択して図形の書式設定を表示させ、
線はなし、塗りつぶしにグラデーションを選択します。

グラデーションの選択説明画像

4.グラデーションの設定

グラデーションは、選択した時点で前回の設定が読み込まれると思いますので、人によってまちまちです。
ここでは、細かい操作手順は書きませんので、以下同じになるように設定してください。

グラデーションの種類は「パス」、グラデーションの分岐点は2つにする。
左側の分岐点の色を「白」、位置は「80%」、透明度は「100%」に
右側の分岐点の色を「黒」、位置は「100%」、透明度は「70%」に
グラデーション設定の説明画像

以下の画像ができていればOKです。
グラデーション設定後の画像

5.光沢になる円の描画

次に光沢になる円を、およそ以下の図の位置に描画します。
光沢用の円の描画説明画像

6.グラデーションの設定

先ほどと同じように以下の通りにグラデーション設定して下さい。
グラデーションの種類は「パス」、グラデーションの分岐点は2つにする。
左側の分岐点の色を「白」、位置は「10%」、透明度は「0%」に
右側の分岐点の色を「白」、位置は「60%」、透明度は「100%」に

光沢のグラデーション設定の説明画像

7.グループ化して完成

拡大縮小した時に崩れないように、描画した2つのオブジェクトを選択してグループ化しておきましょう。

図形のグループ化の説明画像

完成した光沢のある雫の画像

以上です。

光沢のある雫の使用例

葉っぱのイラストに重ねると、リアリティがありますね。
その他、テクスチャに重ねるとこぼれた水のようなイメージにもなります。

光沢のある雫の使用例画像

光沢のある雫の素材のダウンロード

光沢のある雫、水滴は以下のページからダウンロードすることができます。
雫、水滴のイラスト画像
光沢のある雫、水滴のイラスト(パワーポイント)

スポンサーリンク