パワーポイントで扇型(おおぎがた)図形の描き方

図形,パワポ制作テクニック

スポンサーリンク

パワーポイントの図形機能で作成する簡単な扇型(おおぎがた)図形の描き方の紹介です。
扇型は円グラフの一部や、イラストのパーツ素材などに活用できます。

パワーポイントで扇型図形の描き方の手順

1.アーチ図形を描きます

オブジェクトの基本図形からアーチを選択し、任意の場所に描画します。

アーチを選択する説明画像

扇型図形を描く説明画像

2.左側の扇型を調整する

アーチ図形を選択した状態で外側(左側)の黄色の丸をクリックしながら右側に移動します。
イメージする扇の角度に調整してください。

扇型図形の左側のアーチ調整の説明画像

3.右側の扇型を調整する

次に内側(右側)の黄色の丸をクリックしながら、左側内よりに移動します。
左側と対象になるように扇の角度を調整してください。また、同時に扇型の面積も変更できますので、イメージする扇型に調整してください。

扇型図形の右側のアーチ調整の説明画像

4.任意に着色して完成

サイズ調整、着色を行えば完成です。

扇型図形の完成イメージ画像

パワーポイントで扇型図形の描き方の手順2

1.部分円の図形を描きます

同じ手順で、基本図形の部分円を使うと、内側の半円部分なしの扇型になります。
部分円を描画します。

基本図形の部分円の画像

2.扇型の調整

アーチ図形と同じように、部分円を選択し、2つある黄色い丸をそれぞれ左右に移動させて形状を調整します。

基本図形の部分円の描画画像

3.任意に着色して完成

サイズ調整、着色を行えば完成です。

扇型の調整を行う説明画像

2.扇型図形を使った制作例

イラストの素材やイラストの一部、グラフなどに利用できます。

扇型を使ったサンプル例画像

以上です。

扇型図形のダウンロード

扇型図形は以下のページからダウンロードすることができます。
扇型図形の画像
扇形の図形素材(パワーポイント)

スポンサーリンク