パワーポイントで線路や鉄道線の描き方(パワポ制作テクニック)

パワポ制作テクニック線路, 道路

スポンサーリンク

パワーポイントで鉄道線、線路線を描く方法の紹介です。オートシェイプの通常の線と図形の書式設定で描く方法です。
自社地図や会場、集合場所を描きたい時なんかに挿入できるとより、見やすい地図を作成することができます。

パワーポイントで鉄道線を書く手順

1.線を描く

図形から線を選択し、同じ長さの線を2本描きます。1本描いた後にコピーしてもOKです。

説明画像

2.線の色と太さ設定

2つの線を選択し、図形の書式設定から(1)線の色を黒にし、(2)幅を10pt(太さは任意)にします。

説明画像

設定すると、以下のイメージになります。

説明画像

3.線の形状を設定

まずは上の線のみを選択し(1)一重線/多重線をクリックし、(2)二重線を選択します。
説明画像

次に下の線のみを選択し、(3)実線/点線をクリックし、(2)点線を選択します。
説明画像

設定すると、以下のイメージになります。

説明画像

4.線を重ねる

形状を設定した二つの線を選択し、(1)配置をクリック、(2)オブジェクト位置の配置をクリック、(3)左右中央揃えと上下中央揃えを選択し、2つの線が重なるようにします。

説明画像

これで完了です。

説明画像

※上記解説画面及び内容はPowerPoint2016によるものです。

鉄道線、線路線のバリエーション

上記の制作の流れで、いろいろな線のパターンを組み合わせることで、表現を変えることもできます。

説明画像

道路線のバリエーション

さらに応用で道路のような線を描くこともできます。

説明画像

補足情報

以下のページより完成済みの鉄道線、線路線をダウンロードすることができます。お急ぎの方はぜひご活用ください。

線路線、鉄道線(パワーポイントフリー素材)

手軽に美しい地図づくり

手軽に美しい地図を作りたいなら専用のソフトもありますので、こういったソフトを活用するのもありですね。

地図くりえーたー

スポンサーリンク