パワーポイントで袋文字のつくり方

2012年7月10日パワポ制作テクニック袋文字

パワーポイントの袋文字のつくり方の紹介です。パワポの袋文字、縁取り文字は、アイキャッチとしても結構目立つのでとても良いものです。
パワーポイントではワードアートスタイルが充実しているのですが、手間ですがもう少しキレイな袋文字を作成する方法をご紹介します。

袋文字の作り方

1.文字の入力

文字を入力して、同じものを2つコピーします。
説明画像

2.文字スタイルの編集その1

下図のように、片側の文字を選択した状態で右クリックし、図形の書式設定を開きます。
説明画像

文字のオプションから文字色を白に設定します。
説明画像

2.文字スタイルの編集その2

次に、もう片側の文字を選択して(1)文字色を黒に、(2)文字の輪郭を黒に幅を5ptくらいに設定します。
説明画像

3.文字を重ねる

文字を重ねれば完成です。
説明画像
説明画像

さらにもう1重作成して、3重の袋文字を作成することもできます。
説明画像
説明画像

袋文字サンプル

2重、3重、4重とボリュームのある袋文字も作成できますし、重ねる文字を少しずらして立体的にみせる袋文字を作成することもできます。
説明画像

文字の輪郭設定だけで行う簡単な袋文字

このページでのやり方は、かなり太く大きな袋文字が制作できますが、細いラインの袋文字でいい場合は以下のページを参考にしてください。
パワーポイントで簡単な袋文字(縁取り文字)の作成方法

袋文字のサンプルデータ

以下のページにサンプルがありますので、ご活用ください。

袋文字サンプル画面

シンプルな袋文字サンプル(パワーポイント)
袋文字サンプル(パワーポイント)

スポンサーリンク