パワポの図形で作成したイラストにアート効果をかける方法

2017年7月4日パワーポイント機能アート効果

スポンサーリンク

アート効果はスタンダードなものからちょっと変わったものまであるので、表現を変えたい場合などに便利です。しかし、図形機能で作成したイラストや図解などはそのままアート効果をかけることができません。
そんな便利アート効果の機能をフリー、無料で使えるイラストなどにかける方法をご紹介します。
説明画像

操作手順

1.図形を選択してコピー

アート効果をかけたいイラストを選択した状態で右クリックでメニューを表示させます。(1)メニューからコピーを選択します。
※または、ショートカットのCTRL+C(コピー)でも構いません。
説明画像

2.図の貼り付け

コピーしたら任意のページに、ホームタブから(1)貼り付けを選択、2貼り付けオプションの図を選択します。選択すると、3図に処理された画像が貼り付けられます。
説明画像

3.アート効果

貼り付けられた図をダブルクリックすると、上部のメニューが変わりますので、(1)図ツールの書式タブを選択し、2アート効果を選択、3任意の効果を選択します。
説明画像

4.完成

一度図に変換した図形は戻せませんので、アート効果を付加するときはバックアップを取るなりしておいてください。※andoは可能。
説明画像

ものすごく複雑なパーツ、大量のパーツで作成した図やイラストの場合、図に変換することで容量を少なくすることお可能ですので、ご参考まで。

スポンサーリンク