パワポ素材イラスト写真素材地図素材エクセル素材ワード素材

USBメモリをノーガードで持ち歩くのは危険

2019年1月8日便利ソフト紹介おすすめ, ソフト紹介

スポンサーリンク

データのやり取りに便利なUSBメモリも紛失や盗難されれば一大事です。もしそのデータが個人情報であったり、会社の機密資料であったりすれば、その後の被害がいかほどかは想像もつきません。個人への責任だけでは済まなくなる場合もあります。

USBメモリはできれば使用しないのが理想ですが、とても便利でデータのやり取りや移動には欠かせませんからね。

USBメモリはダイレクトに暗号化して万が一データの紛失や盗難があっても問題にならないように対策しておくべきです。

セキュリティなしでこんな利用法は危険です!

  • 自宅に持ち帰って仕事をするためにファイルをUSBメモリを使う
  • 顧客情報などはパソコンから切り離し、USBのHDDに保管している
  • 他人に見せられないパスワードのメモファイルをUSBデバイスに保存している など

USBもUSB外付けハードディスクも、暗号化

とにかく持ち運ぶ媒体は暗号化が基本です。なくした場合、盗まれた場合を想定して問題が起きても問題ないようにしておくべきです。

icon
icon

簡単操作で暗号化

使用はパスワードを設定するだけの簡単なもの。暗号化すれば、中のファイルはやフォルダ構造や容量などの情報もわからなくなります。

icon
icon

その他の機能

  • データの安全に消去
  • 認証ログの確認 など

ソフト詳細

当該ソフトの詳細については以下のリンクでご確認ください。
USBガード