4万円台のノートPCの性能

スポンサーリンク

ずっと使用したメインのノートPCが兆候はあったもののクラッシュして使用できなくなった。

突然のパソコンクラッシュ

HDDの故障に加えて不安定だったモニターが完全に映らなくなってしまった。HDDの入れ替えではすまない上に、予算もないので買い替えも厳しいと思いながら、Amazonでパソコンを調べていたら手頃価格で買えそうなので、取り急ぎ用で買うことにした。

低価格パソコンに興味

今まで使用していたノートパソコンはphotoshopやイラストレーターなどに加えシェードや動画編集まで使えるようにハイスペックなものを使用していた。しかし予算もないので、動画編集などはあきらめてPHOTOSHOPが普通に動けばいいということを条件にした。

そして検討の結果購入したのは東芝製のノート。スペックはWindows8.1 64Bit /Celeron 4GB 500GB。Windows10にアップデートできるが、とりあえずはしないつもりでいる。

実際に購入したノート。4万円をギリギリ切った。


プライム会員だったので土曜日の夜に注文したら、日曜の午後には届いた。プライム会員になっていてよかった。無料のお試し期間だけど…
プライムはこちら。

本体/動作確認

重さもちょうどいいし、USBも左右に4つとSDカードとDVDが読み込めるので問題なし。
今まで使ってたパソコンと画面サイズも同じで問題なし。

Windows8も初めて使うけど、戸惑うほどの変化はない。モニターはタッチパネルに対応していないのであまり気にする必要もなさそう。

なにより心配していたphotoshopが普通に動いてくれている。これが一番助かる。一応FireWorksやDreamwaverも動かしたけど問題ない。

データの移行

パソコンの入れ替えについてデータだが、実はメインとなるデータはすべて外付けHDDに保存していたのでほとんど困らなかった。これだけは本当にやっておいてよかった。

ソフトのインストール

ほんとどのソフトはDVDからの再インストールだが、Office365 Soloだけは本当に便利だった。なんせログインしてブラウザからインストールボタンをクリックするだけなのだから。
厳密にいうと、まずは前のパソコンにインストールしたラインセンスを非アクティブ化にしてから、インストールするわけだが。あっという間に再インストールできたので助かった。Office365 Soloは本当におすすめする。
あと、弥生会計も会員メニューからのログインでダウンロードしてからのインストールでとても便利。
以前はダウンロード版に偏見もあったが、手元にディスクがなくてもソフトがインストールできるのは本当に便利だ。

Office365 Soloおすすめです。

たとえ4万円のパソコンとはいえ侮るなかれ、photoshopも使えるし、動作も快適だ。しばらくこれで戦えることがわかった。
そして予算を確保できたら、ハイスペックPCに移行しようと思う。

スポンサーリンク

※当サイトのパワポデータは、office365 soloのpowerpoint2016で制作しています。
Microsoft Store (マイクロソフトストア)


関連ページ

当コンテンツに関連するフリー素材

関連する素材です。※関連するタグがない場合は表示されません。

スポンサーリンク

新着