パワーポイントの用紙サイズを変更する

スポンサーリンク

パワーポイントの用紙サイズ(スライドサイズ、ページサイズ)の変更は、ページ設定で行います。
プレゼン画面で見せる場合と印刷する場合の両方のシーンがありますので、メニュー上では『用紙設定』ではなく『ページ設定』と表現されています。

※パワーポイント2016はこちらをご参照ください。

パワーポイント2010の場合

メニューの『デザイン』タブを選択して、『ページ設定』を選択すると、『ページ設定』のメニューウィンドウが表示されます。

サイズ設定

パワーポイントは印刷とは限りませんので、画面比率なども出ております。16:9は横長のモニター向けです。任意に選択してOKボタンをクリックすると設定完了です。

パワーポイント2003の場合

メニューの『ファイル』タブを選択して、『ページ設定』を選択すると、『ページ設定』のメニューウィンドウが表示されます。

サイズ設定

パワーポイント2010より種類は少ないですが、同じく任意に選択してOKボタンをクリックすると設定完了です。

指定したい用紙サイズがない場合

例えばメニューにないA2サイズで作成したい場合は、『ユーザー設定』を選択してダイレクトに数値を入力します。A2の場合は下記のように入力してOKボタンをクリックすると設定完了です。

用紙サイズについて

A2 420×594
B2 515×728
B3 365×515
A5 148×210

その他のサイズについては、任意にお調べください。

スポンサーリンク

※当サイトのパワポデータは、office365 soloのpowerpoint2016で制作しています。
Microsoft Store (マイクロソフトストア)


関連ページ

当コンテンツに関連するフリー素材、情報

関連する素材や情報です。※関連するタグがない場合は表示されません。

スポンサーリンク

新着