Digipot.net ホーム > テクニカルノート > パワポテクニカルノート > パワーポイント機能 > パワーポイントを古いバージョンで保存する方法

パワーポイントを古いバージョンで保存する方法

スポンサーリンク

パワーポイントを古いバージョンで保存する方法の紹介です。
PPTX形式が読めない古いPCを持ち出して、過去バージョンのパワーポイントで読み込みたい時の操作です。
操作は保存形式を変えるだけで可能です。

保存方法

1.ファイルを選択

タブメニューの(1)ファイルを選択します。

説明画像

2.名前を付けて保存

左メニューから(1)「名前を付けて保存」を選択します。

説明画像

3.保存形式を選択して保存

(1)下向きの三角▼をクリックすると形式が表示されますので、(2)(*.ppt)の拡張子となっているものを選択してください。(3)選択したら保存をクリックしてください。

説明画像

説明画像

注意事項

バージョンダウンして保存するので、一部機能が再現されない場合があります。そういった場合は、例えばオブジェクトの場合は画像化されたりする場合がありますので、後から加工したい場合は注意が必要です。

説明画像

※上記解説画面及び内容はPowerPoint2016によるものです。


スポンサーリンク

関連ページ

当コンテンツに関連するフリー素材、情報

関連する素材や情報です。※関連するタグがない場合は表示されません。

新着情報