Digipot.net ホーム > テクニカルノート > パワポテクニカルノート > パワポ制作テクニック > パワーポイントに貼り付けた写真内の文字を読めなくする方法

パワーポイントに貼り付けた写真内の文字を読めなくする方法

スポンサーリンク

パワーポイントに貼り付けた写真の一部分、例えば車のナンバーや個人名、会社名などを読めなくしたい場合があります。黒く塗りつぶしてもいいのですが、目についてうっとおしくなります。
そんな時パワーポイントのアート機能を使ってスッキリと加工しましょう。

説明画像

操作手順

1.写真を複写します。

写真を選択した状態で右クリックし、(1)コピーします。(CTRL+Cでも可)次に(2)ペースト(CTRL+V)し、2枚の写真を上下中央ずれずに揃えます。

説明画像

2.トリミング1

写真を選択した状態で右クリックし、メニューを表示させ、(1)トリミングを選択します。

説明画像

3.トリミング2

(1)四つ角と上下左右の枠をドラッグして、文字を読めなくしたい個所をトリミングします。ダブルクリックで、トリミングが確定します。

説明画像

4.図の書式設定

トリミングした写真部分を選択した状態で、右クリックでメニューを表示させ、(1)図の書式設定を選択します。

説明画像

5.アート効果

右側に図の書式設定が表示されたら、(1)アート効果をクリックし、(2)効果メニューのアイコンをクリック、(3)効果の中からぼかしを選択します。

説明画像

6.完成

これで、完成ですが、文字が認識できる場合は、メニューの半径スライダーでぼかしを強めてください。

説明画像

文字に限らずこのやり方で、人間の顔の部分を認識させなくしたり、背景をごまかしたりなど応用が可能です。



スポンサーリンク

関連ページ

当コンテンツに関連するフリー素材、情報

関連する素材や情報です。※関連するタグがない場合は表示されません。

タグ:

新着情報