Digipot.net ホーム > テクニカルノート > パワポテクニカルノート > パワーポイント機能 > パワーポイントの文字を長体や平体にする方法

パワーポイントの文字を長体や平体にする方法

スポンサーリンク

狭い隙間に文字を多く入れたい場合などは、文字が小さくなりますが、長体や平体にできれば文字が小さくなるのをある程度抑えることも可能です。
少しでも可読性を高めたい場合などに長体や平体を使えるととても便利です。

説明画像

長体、平体の作成手順

1.文字の入力

(1)メニューから図形をクリックし、(2)テキストボックスを選択します。
任意の場所で文字を入力します。

説明画像

説明画像

2.文字の変形設定

(1)メニューから書式をクリックし、(2)文字の効果のアイコンをクリックします。(3)変形を選択し、(4)形状の四角アイコンを選択します。

説明画像

3.文字の変形

文字の選択した状態で、コーナーなどの○をクリックしながらドラッグすると自由変形できますので、任意の長体や平体に加工してください。
お好みの調整ができれば完成です。

説明画像

4.文字の変形解除

(1)メニューから書式をクリックし、(2)文字の効果のアイコンをクリックします。(3)変形を選択し、(4)変形なしのなしアイコンを選択します。
長体や平体は解除され元のテキストボックスになります。

説明画像

お願い

フリー素材がダウンロードできない場合や、コンテンツに不備がある場合は、お問合せフォームよりお知らせ頂けますと非常に助かります。

スポンサーリンク

関連ページ

当コンテンツに関連するフリー素材、情報

関連する素材や情報です。※関連するタグがない場合は表示されません。

スポンサーリンク

新着